カヤック初めてなんだけど大丈夫?初めてで不安な方はまずこの記事を

2018年9月7日

カヤック乗ったことないんだけど大丈夫かな?

こんにちは。ガイド飯田です。
最近、ツアーをお考えの方からご質問をいただくことがよくあります。

中でも、多いのが「カヤック初めてなんだけど、大丈夫かな?」というご質問。
なにをするのにも、初めての時って、すっごく不安な気持ちになりますよね。
そんな不安な気持ちを少しでも解消してくれればなと思って「カヤック初めて漕ぐよ」って方
向けに記事を書いていきたいと思います。

カヤックとは?

まずカヤックって何?って方はこちらの記事を読んでみてください。
参考記事>>>カヤックって何?カヤックとカヌーの違いについて

1、カヤックは水に浮かびます

カヤックとは、簡単に言うと小型の手漕ぎ舟のようなものです。

はじめに安心してほしいのが「カヤックは水に浮かびます!」
まずは、これを切に伝えたい!!

「そんなん当たり前やろ」って声もちらほら聞こえてきますが、
まずは、コレ!大事なんでもう一度言います「カヤックは水に浮かびます!」

いろんな形のカヤックがりますが、どのタイプもすっごく水に浮かびます。
逆に水に浮かびすぎて沈める方が難しい。
水に浮かぶ乗り物なので、上にチョコンと乗れれば水に落ちる心配もなし。

乗るときはライフジャケットを着てもらうので、泳げない人でも「安心してください!」

初めての方で、まず不安になるのが「水に落ちちゃったらどうしよう?」とか
「沈んじゃったらどうしよう?」とかいうもの。
可能性としてなくはないですが、ツアーが催行される気象状況やコンディションでは
沈むや落ちるというものは限りなく少ない可能性です。

ガイドの言うことを聞いてもらえば、まずない。
「安心してください!」

2、カヤックがひっくり返る可能性は低い

前の内容に一部かぶりますが、「カヤックがひっくり返ることがあるんじゃないの?」という
不安があると思います。

これに関しては、ないとは言い切れませんが、正しい使い方をすれば
「可能性は限りなく低くなります」てのが答えです。

水に浮かぶ乗り物なので、転覆や急な浸水でひっくり返る心配はあるとは思います。
しかし、西表島の環境、L.B.カヤックステーションが使うカヤックではひっくり返るほうが難しい気がします。

まず、カヤックですが浮力の高い「シットオンカヤック」とツーリング性能に優れた「シーカヤック」を使っています。
行くフィールド(場所)の特性に合わせて、使い分けをしています。

基本的に流れの穏やかな川で短い距離の場合は「シットオンカヤック」を
海へ出たり、長い距離を漕ぐ場合は、ツーリング性能に優れて、ラダー(舵)を付けた「シーカヤック」を使うといった
TPOに合わせた使い方をしております。

初めて乗られる方でも安心できるように、出発前はカヤックの正しい乗り方、漕ぎ方講座(レクチャー)を十分に行い
安心安全に楽しんでもらえるように努めてもいます。

カヤックも包丁などの道具と一緒で、正しい使い方をすれば、海の上でも浅い水辺でも安心して楽しめる乗り物になります。
ただ、使い方を間違えると大変なことになったりもしますので、取り扱いの際は十分注意してください。

カヤックがひっくり返るってイメージはテレビからの情報だと思います。
あるスポーツ番組では、競技用の細いカヤックに乗って水に落ちることで笑いに変えたり、
オリンピックのカヌー競技のように流れのある場所でひっくり返る映像を見たりしていると
「カヤックってひっくり返るんだね」ってのが頭に残っているのではないでしょうか。

そんなアクティブな使い方をするカヤックもありますが、
L.B.カヤックステーションでは、カヤックは「西表島の自然を身近で感じてもらう」ための道具として使っています。

カヤックで競争するのが好き、カヤックの漕ぎ方を極めるのが好きって方もいらっしゃいますが、
L.B.カヤックステーションでは、カヤックという道具を使って自然を感じてもらいたいという想いでツアーをしています。

なので、危険な場所へ行ったり、危険な環境へ挑戦したりなんてことはありません。
西表島らしい、緑豊かな環境だったり、穏やかな川だったり、サファイアブルーの青い海を漕いだりと
西表島でしか味わえない自然を楽しんでもらいたいんです。

ただ、カヤックの上であばれたり、ふざけたりするとひっくり返る可能性、危険な場合もありますので、
ツアー中はガイドのいうことを必ず聞いてください。
それだけ守ってもらえれば、大丈夫です!
一緒に西表島の自然を楽しみましょう!!!

3、カヤックを漕ぐのに特殊な技術は必要ありません

「カヤックをうまく漕げなかったらどうしよう?」
そんな不安もあると思います。

まず、カヤックって結構特殊な乗り物です。
アンケートをとってみても、初めて乗られるという方が、だいたい8割。

80%の方が、L.B.カヤックステーションではじめて乗るよ!って方々です。
それを聞くと、少しは安心しませんか?

もちろん、カヤックを漕ぐのも、カヤックセンスというものがあり、
初めてでも上手な方や、何回漕いでも「クセが凄い」方もいらっしゃいます。

でも、どんな漕ぎ方でも、進んで自然を楽しめればいいんじゃないかなって思います。
進めないのは問題ですが、西表島の自然を楽しむことが一番の目的ですから
カヤックのうまい下手は関係ねえ!ですよ。

上達したい人は続ければいいし、そうでない人はしぜんを楽しむのに問題ないぐらいの漕ぎ方でOK!
「うまく漕がなきゃ、みんなに迷惑がかかってしまう」なんて不安は微塵も必要りません。

気持ちよく、マナーを守って、自然を大切に思って漕いでもらえれば、
あなたは、もうL.B.カヤック流自然遊びの達人です。

ゴリゴリのカヤッカーやカヤック狂な参加者はほとんどいないので、安心してください。
カヤックを漕ぐのが上手な人は、あまり上手くない人に合わせてくれる「やさしさ」も持ち合わせているひとが多いです。

カヤックを漕ぐ上手下手など気にせず、
みんなで、楽しく西表島の自然を楽しみに行きましょう!!

まとめ

なんてカヤックをはじめて漕ぐときの不安点などをまとめてみました。
カヤック上達者も、はじめはみんな初心者です。

カヤックを漕ぐなら、楽しく漕ぎたいなって思っているに違いありません。
西表島で、あなたなりのカヤックの楽しみ方を見つけてみてください!

L.B.カヤックステーションでは、初めてカヤックを漕ぐ方、一人で参加したい方
カヤックを漕ぐのに不安がある方、みんな大歓迎です。
これを読んでも不安な方は、お気軽にご連絡ください。

あなたも、カヤックという未知の世界に一歩足を踏み入れてみませんか?
西表島で待ってます!

 

ガイド飯田(写真/文)

関連記事

広告掲載エリア
 87.9 msec