西表島の11月、季節外れの「サガリバナ」が咲いています!!

2018年11月8日

季節外れのサガリバナ

西表島では「サガリバナ」という木があります。
ぶら下がるように咲くからサガリバナ
ピークは6月~7月にかけてですが、8月9月とチラホラ咲く遅咲きの花も。

11月の西表島、気温も20度後半の陽気が続いています。
晴れた日には30度近くまで上がり、日焼けしてしまうほどの天気です。

そんな西表島で、季節外れの光景が!!!
なんと、サガリバナが咲いているではありませんか!

見事に満開

先日、散った花が地面に落ちていたので「咲いたんだな」とは思っていましたが、
なんと満開!!!

明るくなった午前中ですが、まだ花が房に残っていたりと、夏を思わせるような懐かしい光景。
ピンクの花だけでなく、白い花も近くで咲き誇っています。

これだけ見事に咲くと、すがすがしい。
実際に11月が開花のピークなのではないかと勘違いさせてくれるぐらいの咲きっぷりです。

フワフワした部分はおしべ

放射状に伸びるフワフワした線は実は「おしべ」なんです。
虫が花粉を運び、真ん中の赤っぽい「めしべ」に受粉させる。

受粉しやすいようにこの形に進化したのでしょう。
南国には変わった形の動植物が多いです。

主に夏にしか見られない「サガリバナ」ですが、
冬でも意外に咲いていたりすることもあるので、
西表島にお越しの際は、身近なサガリバナの木を探してみてください。

 

ガイド飯田(文)中神(写真)

2018年11月08日  |  Category: フィールドニュース  |  タグ: , , , , , , ,

関連記事

広告掲載エリア